効率よくクマを治すには|美容外科で様々な治療法が受けられます

婦人

できる理由と改善方法

女性

しわの原因は、その種類によって様々です。肌の乾燥や老化によるうるおい成分の減少、たるみなどが挙げられます。スキンケアをしっかり行ったり、紫外線対策をする、顔の筋肉を鍛える、クリニックでの治療を行うなど、多彩なケア方法があります。

詳細を読む

もぐさを使って除去

ウーマン

ほくろは主に紫外線を浴びることでメラニン色素が集まって出来るものです。自宅でほくろ除去をしたい場合には一つの方法としてお灸で取ることが出来ます。ヨモギで出来たもぐさをごく少量縒って火をつけることを数回数日繰り返すとかさぶたになったほくろが1、2週間後に自然に剥がれ落ちます。

詳細を読む

種類によって正しい対応を

長髪のウーマン

原因と種類を見極める

年齢より老けて見られたり、疲れているように見えるクマは女性にとってとても嫌なもので、いつも若々しく溌剌としていられるようにクマを治す方法を紹介します。クマと一口に言っても種類が3種類あり、どれも原因が違っていますので合う解消法が必要です。青グマは血行不良から起こり、疲れや睡眠不足やストレスなどが重なることで目の下の血流が滞って透けて見えるのが原因です。日によって濃さが違うのが特徴の一つです。茶グマは主に色素沈着から起こり、紫外線によるシミやクレンジングで落としきれない化粧残りや目をこする癖があることなどが原因です。黒グマは加齢によって目元がたるんだり目の下の脂肪が膨らんだりした影によるもので、窪んでいるのが特徴です。

種類別の解消方法

青グマを治すには血行を良くする目元専用の化粧品などを使ったり、体を温める食事や飲み物を摂る、目を酷使し過ぎない、睡眠をしっかり取る、喫煙をしないなどが挙げられます。茶グマを治すためには色素沈着した肌のために美白化粧品を使うことで色素を排出していきます。美容皮膚科などで受けられるハイドロキノンはメラニン色素を作る酵素を抑制する働きがあり、皮膚の漂白剤とも呼ばれるほど高い効果が見込めます。黒グマを治すためには目元のたるみを解消する必要があるのでコラーゲンやセラミドが配合された化粧品を使うのも良いですが、美容外科で眼窩脂肪を除去したり、レーザーで深部に働きかけてコラーゲンを増やす方法、ヒアルロン酸を注入するなどの方法でクマを治すのが早道です。

人気のプチ整形治療とは

脚

ボトックス注射は筋肉を弛緩させる働きがあり、おもに表情癖が原因のしわ治療に有効です。発達したエラやふくらはぎに注射する治療もあります。ダウンタイムがないので忙しい方でも気軽に治療を始められます。およそ3ヶ月から半年ごとでリピート治療をすることで効果を持続させることができます。

詳細を読む